Category Image

【アトラエ × ネットプロテクションズ経営者対談】「経営視点を持った、成熟したリーダーを増やすことが重要」[2/3]

【アトラエ × ネットプロテクションズ経営者対談】「経営視点を持った、成熟したリーダーを増やすことが重要」[2/3]

未来の「会社づくり」を考える対談企画、第二弾は「世界中の人々を魅了する会社を創る」というビジョンを掲げ、ユニークな組織づくりを行う株式会社アトラエとの経営者対談です。これからの会社づくりに必要とされるリーダーシップとはどういったものなのか、お話を伺います。

アトラエ × ネットプロテクションズ経営者対談[1/3]はこちら
「正しいことを正しいと言えない組織って、おかしいですよね」

以下
新居:株式会社アトラエ 代表取締役 新居 佳英
柴田:株式会社ネットプロテクションズ 代表取締役社長 柴田 紳
モデレーター:株式会社ドットライフ 代表取締役 新條 隼人

組織で活躍するために求められるのは「経営視点」

ー組織に事業の影響が出るのはどんな部分?

柴田
うちはセールス・システム・オペレーションが必ずぶつかる構造になってるんです。セールスはいろんなイレギュラーとかリスク全部飲み込んで売りたいし、オペレーションとかコールセンター側はリスクを飲んだら全部火を吹く。その負荷は全部システムに行って、システムからすると、頑張って守ってるのに、たまに落ちたらめちゃくちゃ怒られるみたいな。なので三すくみみたいな構造なんです。

なので、完全に分化しすぎてると、ワークしない。一方で、専門性は必要なので、一つの領域を深く掘って身につけてもらう必要がある。そこのバランス感がすごい難しいなって。どんなにスキル高い人でも視野が狭いと活躍しきれない。全てを事業視点から見られないと、機能視点から見てしまうと大体判断を外してしまうので。

ー組織における活躍する人の像は変わった?

柴田
10年以上前は今みたいな観点は見えてなかったですね。とにかく仕事ができる人が欲しい。その仕事ってのはその機能でまずは成果をだしてくれることだった気がします。

新居
うちは基本的に、経営者視点が大事だということはここまで変わってないですね。外向けに出そうと思ってる価値とか、ビジョン・ゴールに対してまっすぐ進める人間は圧倒的に強いと思っていて、そういう意味では経営視点、経営視点ってずっと言ってますね。

ー経営視点とは?

新居
外に対して出す価値の総和に基づいてジャッジができるかみたいな感じですね。もしくは僕らのビジョンに基づいて、意思決定ができるかどうか。自分の評価とか、志願的な自分のやりたいこととかじゃなくて、会社全体の目指すものに対して一歩でも早く近づけるかどうかっていう観点から判断ができるかどうかですね。

社員全員が経営視点をもつために一番大事なのは、情報の共有だと思います。情報を持ってない人は自分で判断できないですから。なのでうちでは、僕と同じレベルの情報を、出来る限り1年目でもアルバイトでも共有しようとしています。

ミドルマネジメントに必要なのは、リーダーとしての成熟

ー組織面での今までの一番の失敗は?

新居
失敗というよりも最も苦しかったことなんですが、リーマンショックによる業績の急速な悪化に対応できなかったことですかね。仲間とともに一丸となって戦ってきたにも関わらず、その時はどうしても人員を削減せざるを得なくなった経験があります。当時はもちろんですが、その時の苦い経験は、これからも自分にとっての十字架としてずっと背負い続けていくものだと思っています。

ー事業状況的にしかたなかった?

新居
当然ありとあらゆる手段を講じましたが、最後の最後、会社を存続させるためにはそれしかありませんでした。

ーその判断の以前以後で変わった点はありますか?

新居
採用や生産性に関する考え方は大きく変わりましたね。
当時は赤字でも上場できるということも含めて、とにかく売上のトップラインを上げてシェアを出すことが大事という風潮があり、実際私自身もそういう考えになってしまっていて、利益を出すよりも売り上げを伸ばすような選択ばかりをしていました。なので利益確保よりも先に投資をし、オフィス移転をして、人を増やしてって進んでいたんですよね。

それが、リーマンショックが起きて、銀行もベンチャーキャピタルも一気に手のひらを返すように態度が変わりました。そこで「会社って黒字で十分な血液が回っていないと死ぬんだ」って初めてちゃんと理解して。こんな当たり前のことなのに、そういうことが理解できない起業家時代がありましたね。そこから6、7年くらいは、社員一人当たりの売上・粗利みたいなことをすごく意識するようになりました。うちの会社ではここ7年間、生産性は一度も下がったことがありません。人員の拡大以上に売上が伸びるスピードを早くする意識を持ち続け、黒字もずっと維持しています。今の状態でリーマンショックが来たとしても、全社員の給料と全社員の雇用は100%守れる状態ではあると思います。その点は僕のあの一回の反省から学び、確実に変わりました。

ーもう一度創業して今の事業をする場合、経営の仕方は変わる?

新居
社員が経済的な不安なく働けることはとても重要なファクターだと考えているので、そういう意味でも「生産性」には必ずこだわるでしょうね。
わかりやすく言うと、50人の会社を100人にして売上が2倍になったといっても社員一人ひとりの生産性は変わらないわけで、つまりそれだと給与水準も変えることはできない。そういう成長の仕方はあまり志向してません。

ー柴田さん、組織面で一番失敗・葛藤されたことは?

柴田
事業面ではあんまり失敗してなくて、最初に描いたロジック上をちゃんと進んできました。反対に、組織に関しては、置いてある罠を全部踏んだって感じですかね。(笑)大抵失敗しないとわかんなくて。本にも書いてあるんだけど、こんなもの引っかかるかと言って引っかかるみたいな。毎回そんな感じです。

傭兵組織でボロボロになって、じゃあ新卒だって切り替えたものの、ちょっと人数が増えてくると、ミドルクラスというかマネジメントが重要になる。そういうことは、本にいろいろ書いてあるものの、あんまり体感としてはわかっていなくて。いい新卒が入ってきても、彼らと一番接点の多いミドル層がどんなメッセージを送るかのほうが大事で、こちらの想いが全然伝わんなくて、みんながだんだん離れていく、とか。

一番苦労してきたのはミドルのマネジメント層ですね。ある程度成熟した人が必要で、成熟した人は中で育てるのに時間がかかるので、間に合わなくて外から採って、そこが違う概念を持ち込んできたりすると、そこにいるメンバーが全滅したりとか。

DSCF7559+

 

新居
僕は最近、ミドルマネジメントに必要なのは、技能とか特殊専門性の成熟じゃなくて、経営者とかリーダーとしての人間的成熟じゃないかと思っているんですね。いわゆる経営ミーティングっていう意思決定の場に出るような、経営者と全く同じ価値観で、客観的に会社にとってベストな方法を判断できることがミドルマネジメントとしての理想のリーダーシップだと思うんですよ。その人が営業力が一番高くなくても、ぶっちゃけいいと思う。視点とか視座とか、経営者としての統制意識とか、そっちのほうがリーダーとしては圧倒的に大事な気がしますけどね。

社会リーダーを育てる使命感がある

ー組織の中での個人キャリアについて、どんな風に考えている?

新居
人それぞれ違っていいと思います。時短で働く人もいれば、バリバリ土日も含めて24時間フル体制で働く人もいれば、絶対この会社のトップレベルまで経営をやるんだという人もいる。それはどちらでもいい。ただうちの会社は、世の中誰にとっても幸せな会社にはなり得ないと思っていて。例えばサッカー選手で言うならば本田圭佑と近所の草サッカーチームのおじさんとだと、サッカーをやっている目的が違うわけですね。草サッカーチームのおじさんは趣味と健康のためにやっている。本田圭佑は世界一になりたくてやってる。とするならば同じチームにはいれないわけで。うちの会社でいうと、ビジネスを一つの自分の人生のビジョンとして本気で捉えている人たちが、生き生きとストレスなく働ける会社にしたいと思っているんです。そういう人たちにとって圧倒的に働きやすい環境を作っていこうとしています。

ー柴田さんはいかがでしょう?

柴田
うちも過去は苦しんだ歴史があるものの、2014年以降、新卒が40人以上入ってきて、まだ一人も辞めていないので、やっと器ができてマッチできるようになって、人がちゃんと成長できてきている感覚があります。

キャリアパスについては、人によって育ち方は全然違っていいと思っているんだけど、一方で、そもそもの入り口段階で、ぼんやりとだけど、社会リーダーになりたい人を集めているつもりです。その人が社内で活躍するのか、社外で活躍するのかは、その人の意志次第だなって思っているので。うちとしてはそこまで立ち上がれるように器を整えるよ、みたいな。その器を活用するのか、その器じゃない方が自由度を持ってできるのか、そこは自分で考えてねって。

ー社会リーダーになりたい人を求めるのはなぜ?

柴田
趣味と実益両方ですね。結局、そういう人材が社内に多数居ないとこういう大きいサイズの事業って前にすすめられないんです。だからそういう社会リーダーになりうるような能力と意欲を持っている人たち同士がコラボレーションしあうことが必要で。そういう意味で、目の前の実利的にも絶対そうだし、あとはそういう器を通じて社会リーダーを育てていくことが俺としてすごい楽しいし、社会にとっての価値も極めて大きいので。さらには、そういう場が社会にほとんど存在していないと思っているんで、使命感みたいなものもあります。

 

次回まだ世の中にない組織になり、社会のロールモデルになる
に続く

ThinkAbout編集部
ThinkAboutを運営するネットプロテクションズの社員によって構成される編集部です。
この執筆者の記事をもっと見る