CONCEPT

時代が大きく変わるいま、企業として、私達の働き方として、どういったカタチがあるべき理想の「アタリマエ」なのか。この画一的な解のない問いについて考えるために、企業や研究者に話を伺ったり議論したり、私たちの考えを発信したり、また読者の方々と共に考えたりする場として、THINK ABOUTをつくりました。

CELEBRITY
Interview Column

著名人のインタビューコラムがぞくぞく。

企業様や経営者様のインタビューや対談、自筆形式でのコラムがある中、
今、著名人によるインタビューの掲載が増えています。

映画監督

是枝 裕和

いい作品をつくるという目的のもと、組織されている制作者集団「分福(ぶんぷく)」。是枝氏はその目的を達成すべく、作品作り、組織づくり、若手の育成にさまざまな工夫を凝らしてらっしゃいました。「理想主義だ」と言われても信念を貫き続ける是枝氏に、組織論について熱く語っていただきました。

是枝裕和監督「あえて会社未満の会社を目指す」
―オリジナルの映画作品を生み出し続ける組織づくりとは

プロノイアグループ 株式会社/モティファイ株式会社 代表取締役

ピョートル・フェリクス・グジバチ

グーグルやモルガン・スタンレーなどで人材開発や組織開発などに携わってきた氏。自身のミッションである「誰でも自己実現できる世界を作ること」を目指す背景、会社が「人が幸せに生きるサポート」をする存在だとした時に必要なマネージャーの役割について詳しくお伺いしました。

会社は「人が幸せに生きるサポート」をする存在。自己実現のための安心安全の
場づくりとは。_ピョートル・フェリクス・グジバチさんインタビュー

鎌倉投信株式会社 代表取締役 社長

鎌田 恭幸

「いい会社」に対して独自の判断基準をもち、その基準を満たす会社のみに投資を行う「鎌倉投信」。「きれいごと」でも投資が成功した裏にはいったいどんな秘密があるのか、これからの社会に求められる会社のあり方とは?「未来の会社作り」について、鎌倉投信さん独自のキーワードから紐解きます。

“いい会社”のみに投資を行う鎌倉投信が考える、
これから求められる企業のあり方