#孤食

食卓を分かち合って、孤独を癒す 「小さな食堂」

食卓を分かち合って、孤独を癒す 「小さな食堂」

料理人なし、定価格なし。フランス第二の都市であり、美食の町として知られるリヨンで生まれた型破りな食堂がいま国内の他都市にも広がっている。この食堂が満たすのは「空腹」と「孤独」。人にとって重要なふたつの原始的な欠乏を見据えて始まった、新しいかたちの外食産業だ。